» 感染対策室

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

感染対策室

 感染対策室の紹介

 院内にかかわるすべての人に対して感染管理活動を行うために、院長直属組織として、平成26年4月に設置されました。

 

感染対策室の理念

 患者さん、医療従事者、訪問者などのすべての人々を感染から守るための組織活動を行います。

感染対策室の役割

 感染対策室は以下の役割を担っています。

  • 医療関連サーベイランスの実施
  • アウトブレイクの早期発見、アウトブレイク発生時の介入・対応
  • 感染症法に基づく対応
  • 感染対策にかかわる各種マニュアル作成・改定
  • 抗菌薬適正使用の推進
  • 感染管理にかかわる総合窓口
  • 職業感染対策予防対応(血液体液暴露時の対応・職員の予防接種など)
  • 院内の患者・職員の感染症情報収集・データ管理
  • 各委員会と協働しての感染対策研修
  • 感染対策にかかわる教育・啓発
  • 医療関連感染対策にかかわる院内設備・環境の改善
  • その他、感染管理にかかわること

kansen02
新規採用者感染対策オリエンテーション
kansen03
看護助手・看護秘書感染対策研修
kansen04
手洗い研修
kansen01
手洗いチェックの様子

 

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP