心不全地域連携 | 富士宮市立病院 静岡県富士宮市 常勤医師・初期研修医募集中

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

地域医療・病診連携

心不全地域連携

心不全地域連携

 近年、後期高齢者を中心とした心不全患者が急増し、急性期の循環器医療を圧迫するとともに、併存する疾患や長期の安静のためにADLが著しく損なわれ、施設での長期療養をやむなくしています。入退院を繰り返す患者さんをできるだけ早期に退院させ、かつ自宅での療養を長期間可能にするため、急性期病院―回復期病院―診療所間の連携を密にし、地域社会全体で患者管理を行っていく必要があります。このような主旨から、令和3年より連携医療機関の方々と心不全連携パスWGを立ち上げ検討を重ねてきました。この度、心不全地域連携診療計画運用マニュアルが完成しました。令和4年4月1日より、心不全地域連携パスの運用を開始し、地域の医療機関との連携をさらに深めて参りますのでよろしくお願いします。

 

〇連携医療機関様へ

 連携に必要な書類は、下記よりダウンロード 印刷が可能となっております。

 

〇新規に参加を希望する医療機関様へ

 Eメールに「心不全地域連携パス参加希望」と明記の上、医療機関名・担当者名・電話番号を記載して
地域医療連携室(h-iryo@city.fujinomiya.lg.jp)
までご連絡ください。当院担当者から折り返しご連絡します。


 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP