» MRI等高等医療機器のご利用

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

地域医療・病診連携

MRI等高等医療機器のご利用

検査装置等

 当院では、地域中核病院として、次の検査装置について共同利用を行っております。検査には専門の医師による画像診断報告書の付く予約検査と、検査のみを行い予約の必要ないオープン検査があります。詳細が分かる「検査依頼書」と、お申し込み方法はこちらをご覧ください。

病診連携検査対応装置一覧

(平成30年5月現在)

会社名 装置名 用途 導入年月 備考
島津製作所 RADspeedPro 骨盤計測・一般撮影 H22.10
富士フィルム FCR SPEEDIA,XL-2 カセッテ用画像読取装置 H22.10
富士フィルム DR CALNEO 立位用画像読取装置 H22.10
GE横河 PRODGY 骨塩定量 H18.11
GE横河 Senographe2000D 乳房撮影 H17.03
島津製作所 ソニアルビジョン G4 透視造影撮影 H25.06 食道下咽頭検査に対応
島津製作所 ソニアルビジョンサファイア 透視造影撮影 H18.03 食道下咽頭検査に対応
日立メディコ HI VISON Preirus 超音波検査 H22.10
キヤノンメディカル Aplio i 800 超音波検査 H30.03
日立メディコ HI VISON 900 心臓超音波検査 H19.04
オリンパス LUCERA CV-260SL 内視鏡装置 H19.10 上部・下部内視鏡に対応
シーメンス e-cam シンチ・スペクト H17.12 骨・Ga検査に対応
シーメンス SOMATOM Force 単純・造影・3D・CTA H29.02 2管球CT
GE横河 Light Speed VCT 単純・造影・3D・CTA H20.11 64列マルチスライスCT
シーメンス MAGNETOM Aera MRI検査 H23.11 1.5テスラMRI
アキュレイ トモセラピー
(TomoHDシステム)
放射線治療 H26.04 ※放射線科

※印は、それぞれの科に紹介(診察)後のご利用となります。

検査の依頼方法

 FAXにて病診連携室へ「病診連携 検査依頼書」に検査希望日など必要事項を記入してお送りください。 病診連携室では、予約票のFAX返信とともに、必要書類を返信いたします。

○ 放射線検査画像のCD-Rでの対応を開始しました。

  • 放射線検査画像の返送方法につきましては、「病診連携 検査依頼書」の部位欄の「フィルム希望」か「CD-R希望」に○印をつけてください。
  • 料金についてはこちらをご覧ください。
(1)紹介医から病診連携室へ
「検査依頼書」(下記ダウンロード可能)に検査希望日または特に都合の悪い日等を記入しFAXにてお送りください。
(病診連携室 FAX:0544-27-3192)
(2)病診連携室から紹介医へ
「検査予約票」及び必要に応じて「同意書」をただちにFAXにてお送りします。ただし、受付時間終了後(午後5時)以降のFAXは翌日、土・日・祝祭日のFAXは休日明けのお取扱となりますのでご了承ください。
(3)紹介医から患者さんへ
「検査予約票」を参照の上、注意事項(食事の制限など)の説明と、必要に応じて「同意書」の問診を行い、「検査予約票」及び「紹介状」、必要に応じ「同意書」を患者さんにお渡しいただきます。
(4)患者さんから富士宮市立病院へ
「検査予約票」及び「紹介状」、必要に応じ「同意書」をお持ちになり、直接「検査予約票」に記載される受付場所にて手続きをしていただきます。なお、オープン検査の場合は検査終了後ただちに結果をお渡し、当院での会計はありません。
(5)病診連携室から紹介医へ
検査当日、紹介された患者さんが検査を受けられたことの、ご確認のため「受診確認連絡票」をFAXにてお送りします。MRIやCTなどの予約検査は、読影医による画像診断報告書が作成された後、速やかに宅配便にて発送いたします。

患者さんにご持参いただく書類 

  • 予約票
  • 紹介状
  • 検査同意書(造影検査やMRI)
  • 当院の診察券
  • 保険証(老人保険証・乳幼児医療券)

様式のダウンロード

検査結果の発送について

 MRIやCTなどのフィルムと読影医による画像診断報告書は、検査終了後、極力速やかに病診連携室から宅配便にて発送いたします。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP