» カンファレンス・学習環境

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

臨床研修

カンファレンス・学習環境

 研修医にはさまざまな勉強機会がありますが、各種カンファレンス、学習環境について紹介します。

「総合診療カンファレンス」および「ミニレクチャー」

 医師が、一般的な診療において関わる疾病に適切に対処できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につける事を目的としています。「総合診療カンファレンス」は、比較的大きなテーマにつき講義形式で行われ、「総合診療ミニレクチャー」は、比較的狭い範囲で研修医が特に知りたいテーマを掘り下げます。いずれも指導医、専修医あるいはco-medicalスタッフが講師となり、さまざまなテーマにつき講義が行われます。また、研修医も症例検討、講義を担当します。

 総合診療カンファレンス、ミニレクチャーの具体的な内容の例は以下の通りです。

総合診療カンファレンス(夕方、1~2時間)

  1. 救急レクチャー
     a. 外傷シリーズ(頭部、胸部、腹部、四肢)
     b. 胸痛(内科、外科)
     c. 腹痛(内科、外科)
     d. 頭痛(脳神経外科)
     e. 内科的救急(吐下血の処置法、昏睡の鑑別と対処、体液異常と透析療法の選択 等)
     f. 各科の救急(眼科、耳鼻科、小児科、産婦人科、泌尿器科、皮膚科―熱傷 等)
     g. 救急体制(シンポジウム)
  2. 救急症例カンファレンス(救急外来に症例ポストを設置し、問題例、典型例等につき検討)
  3. 実習前レクチャー(実習の前に必要な知識を講義)
     a. テルモプラネックス(静脈注射、CV)
     b. ICLS(BLS)講習
     c. 検査実習(エコー、呼吸器、グラム染色、尿沈渣、輸血 等)
  4. ビデオ
     a. 感染症シリーズ
     b. 救急シリーズ
     c. 死体検案
  5. 検査レクチャー
  6. 薬剤レクチャー
  7. CPC(Clinico-Pathological Conference)
  8. 研修医研究発表会
  9. OSCE(Objective Structured Clinical Examination)

総合診療ミニレクチャー(朝方、30分~1時間)

  1. 輸液計画講座(内科、外科、麻酔科)
  2. 心電図レクチャー(循環器内科)
  3. 放射線画像レクチャー(放射線科)
  4. 各科の診察手技(例:眼底の見方、聴診法、整形外科的診察法、創傷処置法 等)
  5. 各科の小テーマ(急性喉頭蓋炎、気胸、医療被曝 等)
  6. CRP(clinical-radiological-pathological)カンファレンス
    (病理に提出された材料につき臨床所見、放射線画像、病理像を検討)
  7. デスカンファレンス(死亡症例の検討)
  8. 組織病理レクチャー(各臓器の組織像と疾患を顕微鏡を使い説明、病理診断科)

※本年度の開催実績と予定はこちらをご覧ください。

実習シリーズ

 概ね月に1回のペースで研修医の集合実習を行います。当院で特徴的なのはテルモプラネックス研修と富士山保健センター研修です。

  1. テルモプラネックス研修
    神奈川県秦野中井にあるテルモ社の研修施設にて、各種シミュレーターを使用した訓練を行います。
  2. 超音波診断実習
    臨床検査技師、放射線技師から心エコー、腹部エコーの基本的な操作を学びます。
  3. 結紮・縫合技術習得コース
    外科医が指導し、手術や処置に必要な結紮・縫合を実習します。
  4. 富士山保健センター研修
    富士山8合目に富士宮市が開設する医務室にて、登山者の健康管理をします。
    医大から派遣される医師、学生とともに診療に当たります。
    充分な設備のない特殊環境での診療ですが、得難い経験となるでしょう。(希望者のみ)
    くわしくは経験者の報告をご覧ください。
  5. トリアージ訓練
    病院の避難訓練似合わせてトリアージの理論と実際を学びます。
  6. 医療安全ワークショップ
    実際におきた医療事故や訴訟事例を図上解析し、医療安全に対しての認識を深めます。
  7. 日本救急学会認定ICLS研修
    救急蘇生の理論と標準的な手技を基礎から学びます。
  8. 輸血検査実習
    同上
  9. 尿沈渣作製実習
    同上

院内で開催される研究会・勉強会・講演会

 富士・富士宮地区の開業医、勤務医、医療従事者を対象とし、以下の研究会を当院の各科が主催し行っています。

  1. 富士宮消化器病研究会
  2. 富士宮ハートカンファレンス
  3. NST講演会・勉強会
  4. クリティカルパス講演会
  5. 緩和ケア講演会
  6. 医療安全管理シンポジウム 等

医師会関連講演会

 医師会の主催する講演会に積極的に参加してもらいます。

  1. 富士宮市医師会学術講演会(毎月)
  2. 静岡県東部医学会(年2回)

各科のカンファレンス

 各科においては様々なカンファレンスが行われます。

 内科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 内科全体カンファレンス 毎週 水 内科
症例検討 消化器カンファレンス 毎週 月 内科
症例検討 消化器新患プレゼンテーション 毎日 内科
症例検討 透視読影会 毎週 火 内科
症例検討 腎臓内科カンファレンス 毎週 木 内科
教育的 抄読会 毎週 木 内科

循環器内科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 病棟患者症例検討会 毎週 金 循環器内科
症例検討 新入院患者症例検討会 毎週 月・木 循環器内科
症例検討 カテーテル検査症例検討会 毎週 火・金 循環器内科

小児科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 入院患者症例検討会 毎日 小児科
症例検討 周産期カンファレンス 月1回 第4水 小児・産婦人科

小児・産婦人科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 症例検討会 毎週 火、木 外科・関係科
症例検討 抄読会 第2・4水 外科

整形外科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 リハビリカンファレンス 毎週 木 整形外科・関係科

脳神経外科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 リハビリカンファレンス 毎週 水 脳外科・関係科

泌尿器科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 科長回診、症例検討会 週2回 月、金 泌尿器科
症例検討 透析カンファレンス 月1・2回 水 泌尿器科

産婦人科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 症例検討会 毎週 月 産婦人科
教育的 抄読会 毎週 水 産婦人科
症例検討 周産期カンファレンス 月1回 第4水 小児・産婦人科
症例検討 病棟患者症例検討会 毎週 金 産婦人科

皮膚科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 症例検討会 月1回 第3火 皮膚科

眼科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 症例検討会 毎週 木 眼科
教育的 抄読会 毎週 木 眼科

麻酔科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 症例呈示会 毎日 麻酔科
症例検討 症例検討会 不定期 麻酔科

病理診断科

区分 カンファレンス 日時 担当科
症例検討 細胞診検討会 毎日 全科・希望者

図書館

 小型の図書館ですが、2カ所があり、主要な内外の医学誌をそろえています。
図書館司書が管理しており、院内にない文献はすぐに手配してそろえてくれます。

インターネット

 研修医室には無線LANがあり、個人のパソコンでインターネットに接続が可能です。
数種のon line journal、UpToDate, 医中誌の講読、検索を行えます。

その他

 当院のよいところはこじんまりとして各科・各職種間の垣根の低いことです。医局も一つで、各科の医師が入り交じって食事をしています。これらの先輩を捕まえて疑問に思っていることを質問すれば、すぐに答えが帰ってくるでしょう。ただし、教わるだけではいけません。様々な機会を生かし、自分が教える側にたって同僚や先輩に新しい知識を教えてください。そうすることが一番自分の勉強になるのだと思います。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP