» 治験に参加した時に守っていただくこと

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

治験に参加した時に守っていただくこと

 治験に参加される患者さんの安全の確保と信頼できるデータを得るために、治験中患者さんには服薬の時間や回数、検査のための通院日、服薬の記録をつけるなど、守っていただくことがいくつかあります。これらは、インフォームド・コンセントの際に担当医師や治験コーディネーターから具体的に説明があります。

一般的な注意事項

治験薬の服薬方法、検査など

  • 治験薬の服薬方法、服薬時間、回数を正確に守ってください。
  • 使わなかった治験薬は、まだ国から承認されたくすりではないので、必ず返却してください。

日常生活での注意

 治験の目的や内容、または病気の種類によっては食事や運動に関する注意や、飲酒、喫煙などの生活習慣上の注意が必要となる場合があります。

他の病院を受診される場合、他のくすりを服用する場合の注意

 他の病院を受診したり、新たなくすりを服用する場合には前もって治験を担当する医師に相談してください。

 他のくすりと治験薬を組み合わせて使用すると、それぞれの作用を弱めたり、または強めたりするなど予期しないことが起こることがあります。

 他の病院を受診される場合は、必ず治験を担当する医師にご相談ください。

 そして、他の病院の医師にも、ご自身が治験に参加されていることをお伝えください。

 また、市販の風邪薬や漢方薬などを服用する場合も、前もって治験を担当する医師にご相談ください。安全性や治験薬の効果判定に影響を与えることがあるからです。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP