» 持参薬の管理

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

持参薬の管理

持参薬管理について

 持参薬とは、患者さんが入院時に持ち込まれる普段お使いになっている飲み薬・点眼薬・塗り薬・貼り薬・注射薬・サプリメント等のことです。

 当院では、患者さんに対する安全な診療を提供するために、持参薬の内容を調べ、薬剤部が管理することにより、安全性の向上を目指しています。

持参薬管理センターについて

 当院では患者さんと手術や検査、入院中の投薬に関わる安全性の向上を目指して薬局前に「持参薬管理センター」を設置しています。センターでは薬剤師が対応させていただきます。

持参薬の受付

 持参薬をお持ちになった場合は持参薬管理センター(薬局前)または薬局窓口にお越しください。

 薬剤師が面接させて頂き、一時持参薬をお預かりいたします。

 持参薬の管理には普段お使いになっている薬だけでなく、薬の袋、薬の説明書やおくすり手帳等も大切な情報源ですので必ずお持ちください。

持参薬管理の流れ

medicine_flow

持参薬管理の利点

  • 自宅で服用している薬が入院中にも利用できます。
  • 持参薬と、これから治療のために処方される薬との相互作用のチェックがされ、副作用の発現などを未然に防止できます。
  • 手術や検査などの前には中止となる薬を、入院前にチェックすることができます。
  • お薬について普段疑問に思っていることを薬剤師に聞くことができます。
  • 健康食品やサプリメントとの飲み合わせについてもチェックすることができます。
  • 例えば血圧や狭心症の薬を飲んだ時の頭痛などは徐々に慣れてきて、治療を続けているうちに頭痛を感じなくなります。
  • このような場合は心配せずに様子をみてください。しかし、長く続いたり、症状が強くて不快な場合には、医師や薬剤師に相談して、中止するか、量を減らすなど、適切な判断をしてもらってください。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP