» 認定看護師

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

認定看護師

 認定看護師とは、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識をもって実践できる看護師のことです。様々な医療分野において、認定看護師の役割はますます大きくなっています。当病院でも多くの分野の認定看護師育成に力を注いでいます。

【皮膚・排泄ケア認定看護師】 伊藤あづさ

 創傷(床ずれ、胃ろう、足の潰瘍など)・ストーマ(人工肛門、人工膀胱)・失禁の分野において専門的な看護を提供しています。院内の褥瘡(床ずれ)対策 チームの一員となり、褥瘡予防と早期治癒できるよう、定期的に入院中の褥瘡を持つ患者さんの褥瘡回診を行なっています。また、ストーマ外来では、ストーマ を造設した患者さんが退院しても快適な生活が送れるよう、サポートしています。ストーマ外来の受診をご希望の方は、外科外来にご連絡ください。

【緩和ケア認定看護師】 夏目智子

 緩和ケアは、がんになったとき、体やこころの辛さを和らげていく医療です。「がんと言われたとき」「体が辛くて1日中不愉快な気分になり、力が湧かないとき」「治療方法や生活を送る場所に迷ったとき」「気分が沈んだり、心配事が頭から離れないとき」・・お話を聞かせていただき、様々な職種・スタッフと協力し辛い状態を和らげる支援をさせていただいています。緩和ケアをご希望の方は、担当医または看護師等に声をおかけください。

【がん化学療法看護認定看護師】 武部千恵実

 がん化学療法はめざましい進歩を遂げ、薬の選択肢も多岐に渡るようになりました。投与方法や副作用の種類も様々です。がん化学療法看護認定看護師は、薬の特性と管理の専門的知識を用いて、がん化学療法を受ける患者さんとご家族が、治療方針に対する十分で適切な情報提供を得たうえで、納得し意思決定ができるように支援します。また、化学療法を受けるなかで起こる身体的・精神的・社会的問題に対し、どのように対処したらよいのかを一緒に考え、自己管理ができるよう看護援助を行います。がん化学療法看護認定看護師を、がんと闘い、生きるためのサポーターとして活用してください。治療に対する迷い、不安、疑問など気軽にご相談ください。

【感染管理認定看護師】 古谷陽沙

 感染管理認定看護師は、患者さん、家族、働く職員などのすべての人々を感染から守るための活動を行います。環境にはいろいろな病原体が存在し、免疫力の低下した患者さんはたやすく感染してしまうことがあります。そのため、感染からすべての人の身を守ることができるよう、様々な職種が参加する感染防止対策チームで活動しています。その他、病院内で発生した感染症のデータ分析、感染防止のために必要な手順書の作成、正しい感染対策の指導を行います。

 感染対策で悩んでいるさまざまな問題に対して、実施可能な対策を一緒に考えさせていただきますので、不安や疑問がありましたらご相談ください。

【摂食・嚥下障害看護認定看護師】 望月智子

 加齢による変化や脳血管障害などの要因により、口から食べたり飲み込む機能が障害されることを摂食嚥下障害といいます。摂食嚥下障害になると食物を摂取できなくなることにより、低栄養・脱水を招き、さらに食物が気道へ入ることにより誤嚥性肺炎・窒息を発症し、身体に重大な影響を引き起こします。また、「食べる楽しみ」を喪失することにより人生のクオリティー・オブ・ライフを大きく低下させてしまいます。

 摂食・嚥下障害看護認定看護師は、食べる機能の維持・向上のための看護援助を実践し、摂食嚥下リハビリテーションチームの一員となり、安全に食べるために他職種と連携し、患者さんとご家族の「食べたい」思いをつなぐための支援をしていきます。そしてより安全に食べるための方法を一緒に考えていきます。食べることに関する相談をご希望の方は、主治医または看護師に気軽に声をおかけください。

【認知症看護認定看護師】 佐野智子

 認知症の人が自分らしく暮らしを続けていく上で求めていること、望んでいることは何でしょうか?入院という環境の変化が認知症の症状に与える影響は大きく、同時に病気による不快さや痛みを訴えることができず混乱を招くことも少なくありません。

 認知症看護認定看護師は、認知症の発症から終末期まで認知症への正しい理解とケアを実践し、その人の生きてきた背景に注目し「その人らしさ」を活かし、認知症の人にとって安心かつ安全な生活や入院環境を調整する役割があります。また、介護する御家族のサポートを行い、退院後の生活を見据えた認知症の人の御家族を支援します。

 地域で活動する認知症の人を支える方々との連携を深め、社会資源を活用しながら、認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、認知症の人や御家族と一緒に考えさせていただきます。認知症に関する不安や疑問がありましたら気軽にご相談ください。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP