» 中央診療

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

中央診療

中央診療からこんにちは

 中央診療は、中央放射線・内視鏡室・中央採血室を担当し、心臓カテーテル検査や胃カメラ等の検査や治療の介助と看護を行っています。また、緊急時や濃厚な治療が必要な場合は、放射線技師・臨床工学技士とも連携しチームで医師を補助し患者さんの治療に努めています。

私たちがめざしているもの

「まかせて安心・守ろう安全」です。

 ルールを守り、患者を守り、自分を守ること。加えて検査機器の衛生管理を含む万全な保守管理を意識して行動しています。
 看護実践能力の向上に努めるだけでなく、技師認定資格を取得しカテーテルや内視鏡技術の向上に取り組んでいます。また院外の研修に逐次参加し最新知識の取得に努めています。そこで得た知識は部署内で共有し部署全体での能力向上を目指しています。
 夜間・休日を問わず、いつでも緊急検査・治療に対応でき、患者を守れる体制をとっています。

こんなことをしています

  • 中央放射線担当は、テレビ室検査や血管撮影室における脳血管撮影・腹部血管撮影・心臓カテーテル検査などを行っています。血管撮影室では年間650件の検査・治療が行われ、救命にも寄与しています。
  • 内視鏡室担当は、内視鏡で胃カメラ・大腸カメラ・十二指腸検査(膵臓・胆管)による検査治療を行っています。近年は内視鏡による腫瘍剥離術も行われるようになりました。内視鏡検査は年間3290件行われています。器材による感染伝播が懸念されている昨今、洗浄技術の保持に努めています。
  • 中央採血室担当は、外来患者さんの採血を行い、痰・便・尿検査の準備・提出を行っています。 採血は1日平均150件行っています。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP