» スポーツ外来

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

スポーツ外来

スポーツ外来とは

近年のスポーツ競技人口の増加に伴い、スポーツによる外傷や障害も増加傾向にあります。スポーツ外傷とはスポーツが原因でのいわゆる“けが”で、1回の外力により発生し、骨折や脱臼、靭帯断裂などがそれにあたります。一方でスポーツ障害は、スポーツ活動による繰り返す小外力により生じる、慢性の運動器疾患ということになります。使いすぎや誤った体の使い方による腱炎や疲労骨折、投球障害などがこれにあたります。
スポーツ障害の治療は、まず原因検索から始まります。フォーム不良やコンディショニング不足に由来するものであれば、リハビリテーションによりその改善を図ります。使いすぎに由来するものであれば、一時的に運動強度を落とす必要がありますし、既に疲労骨折を生じてしまっている場合などは運動休止を余儀なくされる場合もあります。手術をしなければ治癒困難なものもあります。中でもひざ前十字靭帯断裂は頻度の高いスポーツ外傷のうちの1つですが、手術をしないで競技を継続しますと、2次的に半月板損傷や軟骨損傷を引き起こし、病状の悪化を招くことから、手術は避けられません。手術後のリハビリテーションも競技復帰のためには非常に重要です。
スポーツ障害・外傷は、治療のゴールが多くの場合で競技の継続・復帰であり、一般的な障害・外傷とは違った側面があります。当院ではそのような患者さんを対象とした外来(スポーツ外来)を開設しております。

受診方法

紹介予約なしでも受診可能です

診療日

毎週月曜日の午後、毎週火曜日の午前、毎週金曜日の午後

診療医

整形外科 科長 奈良岡 琢哉

医学博士
日本専門医機構認定整形外科医専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
膝関節鏡技術認定医

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP