» MRI検査

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

MRI検査

MRI検査(Magnetic Resonance Imaging)とは?

 日本語では磁気共鳴画像といいます。大きく強力な磁石とFMラジオに用いられる電波を用い、生体を構成している水素原子から信号を取り出し、それを画像化する検査です。X線を使用しないため、放射線被ばくはありません。検査中MRI装置から連続的に、トントントンやガーガーガーなどと音がしますが心配いりません。

 MRI検査は特殊な環境下で行う検査ですので、注意事項を十分にご確認ください。

拡散強調画像(脳梗塞)
ADC MAP(脳梗塞)
脳血管MRA(脳梗塞)
膵胆管検査 MRCP
sekitui_kensa
脊椎検査
心筋壁機能撮影

検査上の注意事項

 以下の方はMRI検査を受けられない場合がありますので、事前に担当医にお知らせください。

  • 心臓ペースメーカー・埋込形補聴器・人工内耳を使用している方
  • 体内に金属がある方(脳動脈クリップ、ステント、人工関節、インプラント、刺青など)
  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある方
  • 閉所恐怖症や狭いところが苦手な方
  • 金属によって目に怪我をしたことがある方

MRI検査を受ける前に

  • 検査時には、基本的に検査着に更衣をお願いします。
  • 金属類(補聴器、かつら、髪止め、めがね、入れ歯、ネックレス、ピアス、イヤリング、腕時計、指輪、杖、携帯電話、カイロなど)、貼り薬(湿布、エレキバンなど)、磁気カード(キャッシュカード、クレジットカード、駐車券など)、コンタクトレンズなどはあらかじめ外してください。
  • 化粧品(アイシャドー、マスカラ、増毛パウダーなど)の中には金属を含んでいるものがあり、検査・機器に影響する場合があります。
  • 保温性機能下着はやけどの原因となります。レーヨンが多く含まれている下着は脱いでいただきます。

※ご不明な点は、お気軽にMRI検査室・検査担当者までお問い合わせ下さい。

造影MRI検査とは

 造影剤を静脈注射しながらMRI検査を行います。造影剤は目的部位をより鮮明にその性質を知るために用いられる医薬品です。

造影MRIの検査当日の食事について

  • 午前の検査の方:朝食をとらないでください。
  • 午後の検査の方:昼食をとらないでください。

※水分制限はありません。十分な水分補給をおすすめします。

 検査予約の際は医師等による説明と同意書をとらせて頂いておりますが、次に該当する方は事前に担当者にお知らせください。

  • 喘息(ぜんそく)の方
  • 過去に造影剤を使用した検査を受け、気分が悪くなったり、じんましんが出たことがある方
  • 薬をのんだり、注射をして気分が悪くなったり、じんましんが出たことがある方
  • アレルギー体質の方
  • 妊娠している、また妊娠の可能性のある方

造影MRI検査をお受けになった方へ

 造影剤は尿として排泄されます。排泄を促進させるため、造影検査終了後には水分(水・お茶・清涼飲料水)を多めにお取りください。なお、水分制限されている方はお知らせください。また、非常に稀ですが、検査終了後、数時間から数日後にじんましんなどの症状が現れることがあります。何か症状が見られましたら病院にご連絡ください。

使用装置

 シーメンス社製 MAGNETOM Aera(平成23年11月稼動)

 稼動時において、日本で3台目、東海エリアでは初号機として導入されました。

 最新型装置で大口径マグネット、ダイレクトデジタルシステム機能が搭載され、より快適に検査を行い高画質画像を提供する事が可能となりました。

 又、通常検査だけでなく多くのアプリケーションを搭載し、造影剤を使用しなくても、使用した場合と同等の画像情報を得る非造影脳血流検査や、脳、心臓などの機能検査への対応が可能となりました。

c_housyasen26

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP