» 地域包括ケア病棟のリハビリテーション

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

地域包括ケア病棟のリハビリテーション

地域包括ケア病棟のリハビリテーション 

地域包括ケア病棟では、専従理学療法士・作業療法士各1名を病棟に配置しています。病棟内には平行棒、レッグプレス等の運動機器を設置し、個別リハビリテーション、集団体操、レクリエーション、アクティビティー、生活リハビリテーション等実施して日中の離床促進、生活リズムの獲得を進めています。また自宅退院に向け在宅生活を想定した支援、例えは朝には着替えをし生活着で日中は過ごす、あるいはトイレでの排泄を誘導するなど、病棟スタッフとともに努めています。患者様・ご家族が安心して在宅に戻れるよう必要に応じて退院前に自宅へ訪問し、住宅改修や福祉用具の検討など地域のケアマネージャーや福祉用具業者等他職種との情報共有・連携強化に努めています。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP