» 血液検査

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

部門紹介

血液検査

血液検査

 血液中の血球算定(細胞の数や量を調べる)により、赤血球やヘモグロビンの量から貧血の程度、白血球の多さから炎症の程度などを把握します。

 また、血液標本を作製し、顕微鏡で観察することにより、赤血球や白血球の形態に異常がないか、なども検査します。

 他にも、凝固検査(血液が固まりにくいかどうか)や骨髄検査なども行っています。

DSC_0187
血液像
rinsyo_kensa20
多項目自動血球分析装置

 骨髄検査は、骨髄穿刺液から標本を作製し、骨髄中の細胞分類や異常細胞の有無を顕微鏡で観察して、血液疾患の診断や治療評価の診断補助を行っています。

DSC_0180
骨髄像

≪検査項目≫

  • 血球算定
    赤血球数、ヘモグロビン濃度、MCV、MCH、MCHC、網赤血球数、白血球数、血小板数
  • 血球形態
    白血球分画(好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球)
  • 凝固検査
    PT、APTT、フィブリノゲン、ATⅢ、D-ダイマー
  • 骨髄検査
rinsyo_kensa22
全自動凝固線溶測定装置

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP