» 病院の概要・沿革

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

病院案内

病院の概要・沿革

概要

開設者
富士宮市長
所在地
静岡県富士宮市錦町3番1号
敷地面積
20,109.43m2(内附属施設分947.21m2
建築面積
8,481.70m2
延床面積
23,307.27m2
構造規模
【本館】鉄骨鉄筋コンクリート造5階、塔屋(機械室)/一部鉄筋コンクリート造
【南棟】鉄筋コンクリート造4階
【地域包括ケア病棟】鉄筋コンクリート造3階
病床数
380床
特別室(22),4床室(300),6床室(6),2床室(14),ICU(5),CCU(4),NCU(3),NICU(6),重症(17),無菌室(1),集中治療室(2)
診療科目
内科・循環器内科・外科・小児科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・放射線科・麻酔科・病理診断科
駐車場
283台 身障者用13台

沿革

 当院の前身は昭和18年に設置された沼津海軍共済病院富士宮分院であり、これが終戦により富士宮市に受け渡され、昭和20年12月1日市立富士宮病院として開院、昭和23年10月に現在の錦町に移転しました。開院当時は、医薬品や医療機器が不足し十分な治療ができない状況であり、また、昭和31年2月の火災による仮診療棟での診療、財政面から病院廃止の声が高まる等大変困難を極めた時代でした。

 その後、逐次病院施設の増改築を重ねてきましたが、疾病構造や医療情勢が大きく変わる中、施設機能の分散的配置や狭隘化による医療効率の低下、また、増加する患者に対する病床数の不足、更に、地震等の災害時における安全性の懸念等が問題となりました。このため、昭和61年4月、近代医療設備とより一層充実した医療スタッフのもとに、病床数296床、診療科目13科により富士宮市立病院がスタートし、翌昭和62年4月には病床数350床、令和元年10月には病床数380床に増床しました。昭和44年5月には検査室及び講義室、院長室、研究室、図書室等の管理棟が完成、また、平成15年度には南棟増築工事及び既存棟改修工事が完成、令和元年度には、地域包括ケア病棟建設工事が完成し、現在の施設が出来上がりました。

 病院内設備では、MRI(磁気共鳴断層診断装置)、CT(全身用コンピューター断層撮影装置)、体外衝撃波結石破砕装置等の高度医療機器の導入、病院業務全体の効率化及び患者サービスの充実・向上をめざしたトータルオーダリングシステムの導入、診療予約システムの導入等の整備が行われました。

 業務としては、患者数の増加に伴い医療スタッフをより一層充実させるとともに、ますます専門化多様化する市民ニーズに応えるため平成6年訪問看護事業の開始、平成12年病診連携室を設置して他の医療機関との連携を密にするなど、地域の基幹的総合病院としての役割を担っております。また、将来の優秀な医師の養成のために、平成14年に臨床研修病院指定をうけ、その後、平成16年度からは新医師臨床研修制度でのプログラムを開始し、研修医教育を行っています。

 これらの努力が評価され、平成18年自治体立優良病院総務大臣表彰、平成19年 救急医療功労者厚生労働大臣表彰等の表彰を、また、平成18年には日本医療評価機構病院機能評価施設認定を受けました。

昭和18年
沼津海軍共済病院富士宮市分院が設置される
昭和20(1945)年12月 1日
市立富士宮病院開設
昭和23(1948)年10月 1日
錦町(現在地)に新築移転
昭和25(1950)年 2月20日
第二病棟増築(病床数14床、累計46床)
昭和25(1950)年 7月 7日
歯科開設
昭和26(1951)年 1月30日
本館増築(病床数27床、累計73床)
昭和28(1953)年 3月31日
第三病棟(結核病棟)新築(病床数44床、累計117床)
昭和29(1954)年10月 1日
産婦人科開設
昭和31(1956)年 2月22日
未明火災発生 本館(診療棟)1485平方メートル焼失
昭和33(1958)年 2月15日
鉄筋コンクリート造 3階建 本館3241平方メートル竣工
昭和34(1959)年 8月 1日
基準看護・基準給食・基準寝具設備実施の承認を得る
昭和41(1966)年 6月 1日
保育所開所(託児所として運営)
昭和42(1967)年 5月 5日
准看護学院開設
昭和44(1969)年 5月31日
検査室及び講義室、院長室、研究室、図書室等の管理棟完成
昭和59(1984)年 7月23日
新病院建設工事起工
昭和60(1985)年 3月31日
現在の保育所施設完成(保育所に変更)
昭和61(1986)年 4月 1日
富士宮市立病院に名称変更296床で新病院スタート
昭和61(1986)年 4月25日
救急病院認定の告示(告示番号第280号)
昭和62(1987)年 4月 1日
病院開設許可事項変更許可(一般350床)
昭和62(1987)年 4月 1日
放射線治療装置(リニアック)・全身用コンピュータ断層撮影装置(CT)導入
平成 2(1990)年 5月 1日
再来患者受付システム導入
平成 4(1992)年 9月 1日
MRI(磁気共鳴断層診断装置)診療開始
平成 4(1992)年10月 1日
中央採血室業務開始
平成 4(1992)年12月21日
RI(核医学診断装置)診療開始
平成 6(1994)年 4月 1日
トータルオーダリングシステムシステム稼動
平成 6(1994)年 4月 1日
訪問看護事業開始
平成 9(1997)年 3月31日
准看護学院閉院
平成12(2000)年 6月 1日
診療材料の院外SPDシステム導入
平成12(2000)年 9月 1日
病診連携室設置
平成12(2000)年10月16日
病院東側駐車場用地取得
平成13(2001)年 4月 1日
病歴管理室設置
平成13(2001)年11月12日
献体者慰霊祭開始
平成14(2002)年 4月 1日
臨床研修病院指定
平成15(2003)年10月 1日
病院建物内禁煙実施
平成16(2004)年 2月25日
体外衝撃波結石破砕装置導入
平成16(2004)年 3月 3日
病院建物増築(南棟)工事完成
平成16(2004)年 5月 1日
新臨床制度研修制度開始
平成16(2004)年10月19日
病院ギャラリー開設
平成16(2004)年12月13日
マルチスライスCT導入
平成17(2005)年 5月19日
自治体立優良病院全国自治体病院協議会会長表彰
平成17(2005)年 8月 1日
治験管理室設置
平成17(2005)年10月27日
救急医療功労者表彰(静岡県知事)
平成18(2006)年 2月20日
日本医療評価機構病院機能評価施設認定(ver4)
平成18(2006)年 4月 1日
医療安全管理室設置
平成18(2006)年 5月25日
自治体立優良病院総務大臣表彰
平成19(2007)年 4月23日
ミキシング室設置
平成19(2007)年 5月 1日
病棟7:1看護配置開始
平成19(2007)年 9月10日
救急医療功労者表彰厚生労働大臣表彰
平成20(2008)年 3月13日
静岡県地域がん診療連携推進病院指定
平成21(2009)年 1月23日
NICU及び外来がん化学療法室改修工事完成
平成21(2009)年 4月 1日
地域医療連携室設置
平成21(2009)年 4月 1日
外来治療室設置
平成23(2011)年 5月 6日
日本医療評価機構病院機能評価施設認定(ver6)
平成23(2011)年 9月29日
地域支援型病院認定
平成23(2011)年10月29日
磁気共鳴断層撮影装置更新
平成26(2014)年 3月 7日
放射線治療装置導入
令和元(2019)年 10月 1日
地域包括ケア病棟使用開始

歴代の院長

初代/山川 斌
昭和20年12月1日~昭和27年12月24日
第二代/成田雄三
昭和27年12月25日~昭和31年4月11日
第三代/山川 斌
昭和31年4月16日~昭和32年5月31日
第四代/黒坂淳彦
昭和32年8月28日~昭和37年9月30日
第五代/岩野 泰
昭和37年10月1日~昭和60年3月31日
第六代/中島正二
昭和60年4月1日~平成10年3月31日
第七代/木村泰三
平成10年4月1日~平成22年3月31日
第八代/米村克彦
平成22年4月1日~平成30年3月31日
第九代/佐藤洋
平成30年4月1日~

名誉院長

木村泰三
平成22年4月1日就任

顧問

米村克彦
平成30年4月1日就任

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP