» 病院の基本理念・基本方針、患者さんの権利と義務

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

病院案内

病院の基本理念・基本方針、患者さんの権利と義務

病院の基本理念

私たちは次のような病院の理念を掲げ、医療と看護に邁進します。

  1. 患者本位の医療を行います。
  2. 良質な医療を行います。
  3. 行政サービスという自覚を持った医療を行います。

 患者本位の医療とは、患者さんの立場にたった考え方や行動をし、患者さんに満足していただける医療と看護を提供することです。そのために充分なインフォームドコンセントのもとに医療を行い、カルテ開示やセカンドオピニオンに積極的に応じます。

 良質な医療とは、最新の医療知識から考えて最善と思われる医療と看護を行うことです。そのために私どもは真摯に知識と技術を吸収するとともに、最新の高度医療機器を整備します。

 行政サービスという自覚を持った医療とは、無駄を排し効率の良い医療と看護を行うことです。それによって、最大限の医療サービスを決められた予算内で市民に提供できるように努力します。

病院の基本方針

  1. インフォームドコンセント(説明と同意)のもとに医療を行う
  2. カルテ開示を行い、セカンドオピニオンに積極的に応じる
  3. 奉仕の精神と、やさしさ、礼をもって患者さんに接する
  4. 高度医療を実現できる設備を整え、人材を育成して、最新の医療を実践する
  5. クリニカルパスつくりをすすめ、証拠に基づく医療を行う
  6. 医療における安全管理に、最大限の努力を払う
  7. 地域支援病院急性期病院としての体制を整え、病診連携をすすめる
  8. 2次救急には365日24時間対応する
  9. 良い医療を、できるだけ安価に提供する
  10. 医業収支バランスを健全に保つ

患者さんの権利と義務

  1. 患者さんはプライバシーを保護される権利を有します
  2. 患者さんは人間愛に基づいた良質な医療を公平に受ける権利を有します
  3. 患者さんは病気に関する情報や検査治療についての説明を聞き、自分の受ける医療を選択できる権利を有します
  4. 患者さんはいつでもカルテ開示を求める権利を有します
  5. 患者さんはいつでも他院の医師の意見を聞く権利を有します
  6. 患者さんは病院の規定(禁煙、面会時間、消灯時間など)を守る義務があります
  7. 患者さんは自ら病気を治そうと努力し、また、病気に関し病院職員の指示を守る義務があります
  8. 患者さんは他の患者さんと協調して入院生活をおくる義務があります
  9. 患者さんは当院が急性期病院であることを理解し、当院での入院治療が必要でなくなったときには転院あるいは退院する義務があります

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP