<ビデオメッセージ>須藤市長、佐藤病院長、永松医師会長から富士宮市民の皆様へお願いがあります。 | 富士宮市立病院 静岡県富士宮市 常勤医師・初期研修医募集中

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

最新情報

最新情報

<ビデオメッセージ>須藤市長、佐藤病院長、永松医師会長から富士宮市民の皆様へお願いがあります。

動画メッセージ

メッセージ【全文】

須藤市長、佐藤病院長、永松医師会長から富士宮市民の皆様へお願いがあります。

<富士宮市長>

富士宮市民の皆さん、市長の須藤秀忠です。

富士宮市では新型コロナの感染者が爆発的に増えています。

もうこれ以上、感染者を出さないために、どうか皆さん、外に出ないでください。

感染を食い止めるには、できるだけ人と会わないことが一番です。

外出は、どうしても必要な時だけにしてください。今は我慢の時です。

我慢が感染を防ぎます。

皆さん、一緒にこの難局を乗り越えていきましょう。お願いします。

<富士宮市立病院長>

市民の皆さん、富士宮市立病院長の佐藤洋です。

市立病院では、コロナ患者の増加に伴い、コロナ患者のためのベッド数を相当数増やしました。

これ以上、感染が広がると通常医療にも影響が出て、医療崩壊を起こしてしまいます。

それだけは絶対に避けなければいけません。

これからも富士宮市立病院に安心して受診してもらうためには、皆さんの一つ一つの行動が、とても大切です。

日頃の感染対策に加え、コロナを封じ込めるつもりでさらに引き締めていきましょう。

私たち医療スタッフも昼夜、頑張ります。

<富士宮医師会長>

市民の皆様、医師会長の永松清明です。

富士宮市医師会では、PCR検査やワクチン接種など、市が行うコロナ感染対策について全面的に協力しています。

感染を食い止めるためにはワクチン接種も有効手段の一つです。

若い人もワクチン接種を検討してください。

また、感染したかもしれないという時は、すぐにかかりつけ医に相談してください。

かかりつけ医がいない方は「発熱等受診相談センター」へ連絡してください。

また、無症状でもPCR検査が受けられます。希望者は福祉企画課へ連絡をしてください。

コロナウイルスの変異型が出てきて感染力が強くなってきています。

市民の皆様が、「昨年のコロナとは違うんだ」という意識をもって、適切な行動を心がけてください。

分類:最新情報

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP