» 地域包括ケア病棟 開設趣旨と概要

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

地域包括ケア病棟 建設工事

開設趣旨と概要

地域包括ケア病棟 開設趣旨と概要

 当院は、平成26年5月から従前整形外科病棟として使用していた病棟を当該診療科の診療体制縮小に伴い、”地域包括ケア病棟”へ使用変更して現在に至っております。
 しかしながら今後の超高齢化社会の予測と、当院整形外科の診療体制の回復見込みから鑑み、”地域包括ケア病棟”を以前のような”整形外科専用病棟”に戻し、新たに”地域包括ケア病棟”を増築して両立させていくことが、富士宮市の掲げている「地域医療の充実により市民が健康に暮らせるまちづくり」に貢献できるものと考え、今回”地域包括ケア病棟”を建設することといたしました。

地域包括ケア病棟の完成イメージ

【施設概要】
施設名称  富士宮市立病院 地域包括ケア病棟
建築面積  983.73㎡
延床面積  1916.79㎡
階数     地上3階
建物概要  1階 地域医療連携室
      2階 地域包括ケア病棟(30床)
      3階 設備機械室

【建設スケジュール】
 2018年8月   造成工事着工
 2018年10月 建設工事着工
 2019年7月   竣工
 2019年10月 開設

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP