» リハビリテーション科臨床実習

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

臨床研修

リハビリテーション科臨床実習

 リハビリテーション科では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士を養成する大学・専門学校より臨床実習を受け入れています。

【実習の対象者】

養成校(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士)の見学実習、評価実習、臨床実習等。

【実習の目標】

  • 医療人としてふさわしい態度・習慣を身につける(挨拶・言葉使い)。
  • リハビリテーションにおけるチームアプローチの必要性を理解する。
  • 検査・測定の意義を理解し遂行できる。
  • 評価を通じてゴール設定、治療プログラムを作成し治療が実践できる。
  • 障害像(人間像)の理解を深め、問題解決方法を獲得する。

【実習の内容】

  • 学校指定の各カリキュラムに準じた臨床実習を行います。
  • 臨床実習指導者がマンツーマンで指導にあたります。
  • 可能な範囲で他部署の見学も行います。

【実習生の方へ】

リハビリテーション科では静岡県内の養成校を中心に年間5名程度の実習生を受け入れています。クリニカル・クラークシップを基盤として、臨床教育者(以下CE))とともに患者さんの評価・治療を実施していきます。

集合場所:富士宮市立病院 南棟2階 リハビリテーション科、視能は眼科
集合時間:8時10分
実習時間:月~金 8:30~17:15(週休2日制)
通勤方法:公共交通機関の利用が基本となり、自動車通勤は原則禁止です。自転車通勤は可能です。

【申し込み方法】

  • 受け入れ条件
    (1) 養成校を通じてお申し込みください。(個人からの申し込みはお受けできません。)
    (2) 定員を超えた場合はお受けできない場合があります。
  • 申し込み
    リハビリテーション科科長 磯野靖夫(0544-27-3151 内線7073)

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP