» 研修プログラム

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

臨床研修

研修プログラム

 臨床研修管理委員会では、臨床各科、各部署、院外協力施設と研修医の間に立ち、研修の調整を行うとともに全体的な研修を計画、実施しています。委員会には専修医・研修医も参加し、研修を受ける側の意見を取り入れています。

 個別の研修スケジュールの設定にあたっては、研修医の意見を十分聞くと同時に、有用な研修となるようアドバイスを行ったうえ決定します。

program

  1. 複数の研修医がいる場合は研修時期を調整します。
  2. 救急(外科、麻酔科、整形外科及び脳神経外科から1診療科以上を1ヶ月以上の単位で選択)、選択必修(外科、麻酔科、小児科、産婦人科及び精神科から2診療科以上を1ヶ月以上の単位で選択)及び選択(内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、病理診断科及び精神科から1診療科以上を1ヶ月以上の単位で選択)の期間を一体化して運用し、国の定める臨床研修制度の枠内で、研修時期、期間の調節を行います。
  3. 地域研修は、近隣の開業医に出向して行います。
  4. 研修医は卒業年次により3段階に分けられた当直制のなかで、1年目は最下段、2年目を中段に組み入れられ、概ね月3回~4回日当直を行います。
  5. すべての研修医は、2年間の研修期間のうちに最低5例の剖検の見学又は介助を行い、最低1例のCPCの症例呈示及びCPCレポートの作成を行います。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP