» 平成29年度 新規採用職員研修  Part2

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

新採用者研修

平成29年度 新規採用職員研修 Part2

s-IMG_0168

 

 4月12日から、新規採用者たちは、配属部署での勤務が始まりました。
 今年度は、新人教育検討ワーキングによる部署研修を企画し、看護師・看護助手・病棟クラークの業務を理解するために、シャドーイングを実施しました。各担当の役割を知ることで、看護師の業務を補完しチームでケアしていることが理解できたようです。 振り返りの会では、「業務分担がされており、看護師との連携が図れ円滑に業務を進めることができていた」「電話対応では、呼び出しメモを活用し復唱し、誤認防止を意識して仕事している」等、新人達が率直に感じた意見を聞くことができました。
チーム医療における連携には、コミュニケーションが必須です。今後も、新人達の成長を見守りながら、この看護部ブログでお伝えしていきます。
 今回は、2人の新人さんに、集合研修の感想を伺いましたので、ご紹介します。

石川弥生

 

s-IMG_0076

 

 研修中、実技の演習を先輩看護師の指導のもとで行いましたが、慣れないこともあって、すごく緊張していました。しかし、指導についてくださった看護師さん方は、一から丁寧に手順を教えてくださり、たとえ失敗しても優しく声をかけて、わからなかったところを教えてくださいました。そのおかげで緊張もほぐれ、リラックスして楽しく研修を受けることができました。

浅香有里

 

s-IMG_0159

 

 研修医を筆頭に同期31名で同期会を行い、同期同士の仲が深まり、日々の研修を楽しく受けることが出来ました。
また、今までそれぞれの学校で行ってきたことは違いますが、研修中の実技での恐怖や不安は全員が同じように感じているため、声かけや協力が自然に出来ていて、一緒に頑張っている同期の存在が私自身の励みになっています。

清水咲季

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP