» 部署紹介Part5  3B病棟

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

部署紹介Part5 3B病棟

こんにちは 3B病棟です。

B病棟は産科・小児科・婦人科の混合病棟で、3チームで構成されています。

各チームについて紹介します。

 

<産科チーム>

  助産師で構成され、入院中の妊婦・分娩・産後のママと新生児を看ています。妊娠期の助産師外来や母親学級での保健指導、立ち会い分娩、産後の母乳・育児指導を通して赤ちゃんとママに寄り添い、見守る看護を目指しています。また、H2510月より母乳外来も開設し、産後の継続した母乳ケアに取り組んでいます。明るく楽しく、がんばる家族から元気をもらいながら応援していきたいと思っています。心に残る素晴らしいお産を一緒につくっていきましょう。

 

<小児科チーム>

主に呼吸器や感染症などの病児と、NICUでは低出生体重児などの赤ちゃんを担当しています。季節や行事ごとに壁紙を作り替えたり、病児においてはご家族の方々に協力いただき、付き添っていただくことで入院中のストレスを軽減し、少しでも苦痛のない入院生活がおくれるよう援助しています。

 

<婦人科チーム>

主に子宮や卵巣の病気、帝王切開などの手術を受ける患者さんを担当しますが、ほかにもがんの化学療法・流産・つわりなど様々な状態の患者さんを担当します。

昨年度の手術件数は317件、入院日数も8日前後と短く、日帰り入院や1泊入院もあるため入退院が激しいのも特徴です。手術前後の急性期を安全に過ごせるように、またおめでたいこと・悲しいこと・辛いことが混在する環境の中で、一緒に喜び、悲しみ、励まし合いながら、患者さん・ご家族一人一人に寄り添い支えになれる看護を目指してがんばっています。


090301.jpg 
090302.jpg 
090303.jpg
   このようにそれぞれの特徴を持った、でも切り離せない関係の患者さんを各チームに分かれ看護しています。また緊急入院・分娩・手術など、医師や看護師、助産師が協力し合っています。緊張する場面も多いですがかわいい赤ちゃんの顔を見ると癒やされます。皆さんも疲れたときは3B病棟の天使たちに会いに来てください。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP