» 看護部ブログカテゴリー » 看護部紹介

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

宮de看看ネットやってマス Part.2

 5月26日(日)、ネットワークのメンバーで日月倶楽部の新緑会に参加してきました。あさぎり診療所の山本先生に「富士山静養園」を案内して頂きました。健康増進・養生医療を行う施設で、広い敷地内の緑深い森を散策したり、時には音
[…続きを読む]

『認知症の人への接し方と生活の工夫』『笑顔の花咲く食支援』

   令和元年5月17日(金)、第104回市民講座が開催されました。  はじめに、認知症看護認定看護師の佐野智子さんから、『認知症の人への接し方と生活の工夫』についてお話しました。加齢に伴う物忘れと認知症の物忘
[…続きを読む]

宮de看看ネットやってマス

 令和元年度 公益社団法人静岡県看護協会『看看連携を基盤とした地域包括ケア推進モデル事業』に富士宮市の参加が決まり、5月8日(水)キックオフの会が開催されました。富士宮市のネットワークの名称は、「宮de看看ネットやってマ
[…続きを読む]

新人看護師の近況

  4月11日(木)から、新人看護師が配置部署での勤務がスタートしました。先輩たちからWelcome Cardのサプライズ!「一緒にがんばろうね」優しいメッセージに「嬉しい!」「涙出てきた!」「頑張ります!」と笑顔があふ
[…続きを読む]

看護部長講話

 4月12日(金)、石川弥生看護部長の講話がありました。内容は、富士宮市立病院の概要、職員の状況、病院の理念、看護部の理念、看護部目標についてです。『平成31年度看護部目標は、「ひと」に寄り添う看護を実践します。「ひと」
[…続きを読む]

レベルⅠ研修 1年間、みんなで頑張りました。

 4月から行ってきた新入職者のレベルⅠ研修は、3月1日とうとう最後の研修を迎えました。まず初めに4月から開始となる抗生剤の初回投与の講義を受け、また一つ新たな知識が増えました。そして、レベルⅠ研修で毎回行ってきたカラーセ
[…続きを読む]

看護補助者研修

 当院では、看護補助者を対象に年6回の研修を行っています。今回は、年度初めに立案した目標の成果発表を行いました。年度初めに看護部の目標をふまえ、看護補助者として今年度何を大切に仕事をしていくのかを考え、目標を立案していま
[…続きを読む]

静岡県看護学会に参加しました

 2月9日(土)グランシップにおいて、静岡県看護学会が開催されました。今回のメインテーマは、「私の看護のよりどころ~なぜ私たちは看護をし続けるのか~」でした。基調講演には、NPO法人峠茶屋代表の江森けさ子さんをお迎えし、
[…続きを読む]

2年目研修

 1/21(月)2年目看護師を対象にシミュレーション研修を実施しました。まだまだ経験の浅い2年目看護師は、患者さんの急変に遭遇する機会が少なく、突然患者さんの呼吸状態が悪化したとき、速やかな呼吸管理や治療を提供できない可
[…続きを読む]

静脈注射についての教育体制

 当院では、医師や薬剤師、臨床工学技師の協力のもと、静脈注射に対しての教育プログラムを持っています。これは平成14年9月に厚生労働省より、静脈注射は保健師助産師看護師法の中の「診療の補助業務」の範疇として、法的に看護師の
[…続きを読む]

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP