» 部署紹介Part7 手術室・中央材料室

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

部署紹介Part7 手術室・中央材料室

こんにちは、手術室・中央材料室です。
手術室と中央材料室は併設し、一看護単位となっています。

<手術室>
当院の平成25年度の手術件数は2807件で、予定手術はもちろん、緊急手術に対しても24時間体制で対応しています。私たち看護師は、患者様が安全に手術を受けられ、少しでも不安な気持ちを和らげる看護を目標にしています。

1102-1.jpg 

          

  

[手術室での取り組み] 

1.部屋で音楽を流す

患者様が少しでもリラックスした気持ちで手術が受けられるように、音楽を流しています。患者様の希望の曲をかけることができ、CDの持ち込みも可能です。

2.母児同伴入室   
未就学児童の場合には、お子さんの不安を軽減できるように、
保護者の方と一緒に手術室に入って頂き、麻酔で眠るまでの間、そばに付き添って頂いています。お子さんの好きなキャラクターなどを壁に貼り部屋に入りやすくしています。

 1102-2.jpg


3.帝王切開時の写真撮影
赤ちゃんと初めて対面した時に、ご希望があれば、お母さんと赤ちゃんの写真を撮影しています。
  


1102-3.jpg
  

 



<中央材料室>

中央材料室は、手術室だけでなく、入院病棟・外来で使用する医療器具の洗浄・消毒・滅菌を行い、衛生材料も提供します。これらがなければ病院は機能しません。

“縁の下の力持ち”として、病院の感染防止に一役を担っています。


1102-4.jpg

            

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP