» 部署紹介Part9  5A病棟

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

部署紹介Part9 5A病棟

こんにちは!5A病棟です
5A病棟は、循環器内科と呼吸器内科の患者さんの入院を担当している病棟です。 CCU4床を含む52床のベッドを有し、主に心筋梗塞・狭心症・心不全・肺塞栓・肺炎・誤嚥性肺炎・慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎などの疾患の治療・看護を行っています。
循環器内科では、心電図モニターを常に観察しながら異常を早期に発見し医師と協力しながら適切な救急処置・看護を提供できるよう努めています。また、年間平均450件前後の心臓カテーテル検査及び冠動脈インターベンションで治療を実施する患者さんが安全・安心して検査・治療が行えるようクリニカルパス(入院治療スケジュール表)を使用しています。 呼吸器内科では、嚥下に問題を抱え繰り返し肺炎になられる高齢患者さんが多くいらっしゃいますが、生活の質を維持していくため摂食・嚥下障害看護認定看護師や言語聴覚士とともに嚥下評価・間接訓練・直接訓練を行い安全に口から食事を摂取できる援助を行っています。そしてできるだけ入院前の生活に復帰できるよう医師をはじめ、担当看護師・退院支援ナース・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーなどと連携しながら退院に向けての支援を早期より行っています。

DSC08093_convert_20150119144021.jpg

5A病棟は、心臓・肺と命に直結する臓器の疾患を扱う病棟のため緊張感を持ちながら知識・技術を磨くための自己研鑽に努め、患者さんやその家族に寄り添う看護が提供できるよう日々頑張っています。

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP