» レベルⅡ、レベルⅣ 成果発表会

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護師研修

レベルⅡ、レベルⅣ 成果発表会

 レベルⅡ、Ⅳ研修発表会が行われました。レベルⅡ研修では、リーダーシップ能力を高める、人間関係の基本となるコミュニケーションについて学ぶ、部署の自己の役割について学ぶことをねらいとして研修を行っています。その中で、自己の課題を明らかにし、課題に取り組み成果発表を行います。今年度は、8名の研修生がチャレンジしました。病棟スタッフのせん妄に対する認識と知識の向上、清潔ケアに対する意識の向上、身体抑制の減少に向けた取り組み、終末期患者のDNARに対しての看護師の認識、患者との関わりの振り返り、ナースカートの清掃方法、病棟防災訓練を実施しての振り返りなどについて発表がありました。看護の視点、感染管理の視点、管理的視点に基づいた取り組みは、研修生自身の成長と部署の看護の質の向上や危機管理意識の向上に繋がったと思います。 
 レベルⅣ研修では、組織におけるリーダーの役割を学びレベルⅣ看護師として自分の役割が理解できる、自己の課題を見つけ、組織に働きかけながら自己の課題に取り組みことができる、リーダーに必要なPDCAサイクルについて実践を通じて学習し、後輩の役割モデルになれることをねらいとして研修を行っています。今年度は、2名の研修生がチャレンジしました。看護補助者のやりがい感の向上を目指し、看護補助者研修の担当としての取り組み、新規クリティカルパスの導入よる業務改善と効率化を図る取り組みを行い、成果発表をしました。レベルⅣ看護師として、PDCAサイクルをまわし取り組んだ成果は、チームで協働する事、やりがいを持ち仕事ができる事、安全な医療・看護の提供に繋がる取り組みでした。レベルⅡⅣ共に、取り組みを継続し、さらに活躍することを期待しています。

 

 

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP