» 富士宮市立病院に就職して、後輩に伝えたいこと

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護学生さんへ

富士宮市立病院に就職して、後輩に伝えたいこと

常葉大学健康科学部看護学科卒業生(卒1年目)

 私は4月から富士宮市立病院の内科(腎臓系・代謝系)、整形外科の混合病棟で働いています。混合病棟であるため患者さんの疾患もさまざまですが、日々多くのことを学びながら勤務をしています。
 私が就職先として富士宮市立病院を選んだ理由は、新人の教育体制が充実していると感じたからです。私は学生時代に就職先を考えたとき、新人の時期の学びや経験が今後看護師として働くうえで大切になると考えたので、教育体制が整っていると感じた当院を選択しました。
 まず、技術面についてですが、チェックリストを活用していきます。研修で新たに技術を学び、チェックリストに基づいて確実に覚えることができます。研修では知識・技術を学ぶだけではありません。同期とのグループワークを通して今の気持ちや悩みを共有しています。そこから今後の課題を見つけ、次の研修までに少しでも成長できるような、同期みんなで高めあっていける場でもあります。
 また新人には1年間プリセプターが付き指導をしてくれます。プリセプターが新人のことを気にかけてくれ、相談もしやすく安心して働くことができます。さらに、病棟ではプリセプターに加えて他の先輩たちも新人のことを気にして声をかけてくれ、何か困ったときにもすぐに相談できる環境であるように思います。日々、先輩たちの優しさに助けられながら働いています。
 働き始めて6ヶ月が経ち、自立して行えることが増えてきました。看護師として働くことの責任の重さを改めて感じ、不安になるときもあります。しかし当院でなら、看護師として確実に成長していけるのではないかと思います。一人前になるまでの道のりは長いですが、先輩たちに近づけるよう経験を積み、さらに成長していきたいです。

 

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP