» 看護学生さんへ伝えたいこと

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

看護学生さんへ伝えたいこと

 前回に引き続き、当院に就職し2年目を迎えたスタッフから看護学生さんへのメッセージをご紹介します。

 

 

 

西村美紗希(脳神経外科・眼科・耳鼻科病棟勤務)

 富士宮市立病院は入職してから研修が充実しており、病棟の先輩方も優しく丁寧に指導をしてくださる素敵な病院です。毎日忙しく、悩んだり泣いたり辛いこともたくさんあります。しかし、患者さんの笑顔や「ありがとう」という言葉、元気に退院していく姿がとても嬉しく励みになります。実習や授業も今までのように受けることができない時期で気持ちも晴れないと思いますが、今勉強したことが必ず現場に活かされます。体調に気をつけ頑張ってください。一緒に働けることを楽しみに待っています!

 

    野澤茉彩(脳神経外科・眼科・耳鼻科病棟勤務)

 脳神経外科の病棟では、同じ脳内の疾患でも患者様により症状や程度が異なり、個別性が大切になると考えています。日々の患者様との関わりや看護では先輩看護師から学ぶことが多く充実した日々を送っています。皆様と一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

   塚田 亜弓(脳神経外科・眼科・耳鼻科病棟勤務)

 入職から1年経過しましたが、まだまだ日々の仕事をこなすだけでいっぱいいっぱいになる事も多いです。看護師になると学生の時以上に責任感が伴いますが、その分達成感とやりがいを感じることができます。患者様からの感謝の言葉も本当に嬉しく、励みになります。
 今年は勉強も実習も大変だと思いますが、看護学校での勉強は働いてからの土台になるので、コロナに負けず頑張ってください。来年一緒に働ける日を楽しみにしています。 

 

本山笑子(脳神経外科・眼科・耳鼻科病棟勤務)

 私は、脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科の混合病棟で働いています。わからないことやできないことが多く、悩んだり辛いこともありました。先輩方が優しく指導してくださりがんばって働くことができています。また、患者さんが元気に退院していく姿や、患者さんがかけてくださる優しい言葉かけが励みになっています。コロナ渦で、思うように実習や学習が進まず大変だと思います。入職してからの不安も大きいと思います。一緒に頑張ってくれる同期や優しい先輩が待っています。体調に気をつけて頑張ってください。

 

佐野知郁(脳神経外科・眼科・耳鼻科病棟勤務) 

 脳神経外科、耳鼻・眼科に配属され1年が経ちました。脳神経外科の患者さんは自分で意思疎通が行えない人や自分の思い通りに身体を動かすことのできない患者さんもたくさんいます。看護師になり患者さんやご家族の望む支援を考え介入させていただくことは本当に楽しいです。まだ分からないことも多く先輩にお聞きし日々勉強しています。コロナに負けず頑張ってください。一緒に働けたら嬉しいです。お待ちしています。

 

   

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP