» 看護学生さんへ伝えたいこと

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

看護学生さんへ伝えたいこと

             

  会森 鳴美(循環器内科・内科病棟)

 わたしは循環器内科病棟に勤めています。変則二交代の勤務にも慣れ、看護師らしい生活リズムになったように感じています。看護技術はまだまだ未熟ですが、2年目になりCCUの患者さんにも対応できるよう、日々学習をおこなっています。病棟では疾患だけでなくBLSや専門機器の学習会を設けられており、学習環境もとても良いです。重症患者さんの看護や急変もあり大変な業務も多いですが、一緒に働く仲間が増えたら嬉しいです。待ってます。

                     

            太田紗生(循環器内科・内科病棟)

 富士宮市立病院に就職し2年目となりますが、ここまで頑張ってこれたのはとても良い病棟の環境で指導してもらえたからだと思います。1人1人にプリセプターがいて、仕事で何か分らなかったことや、自己学習で分らないことなどでも丁寧に分るまで指導してくださいます。また、病棟のスタッフも手厚い指導を行ってくださいます。
 日々勉強で大変だと思いますが、国家試験に合格し私たちと一緒に富士宮市立病院で働きましょう。

 

             清水彩花(循環器内科・内科病棟)

 循環器・呼吸器内科病棟に勤めています。初めは不慣れな業務や患者の急変に焦りや不安・恐怖を感じていました。しかし、一年と数ヶ月という短い経験の中でも経験を積んだことで看護が楽しい・やりがいがあると感じることができるようになりました。様々な処置や心電図や薬剤・心臓カテーテル法、呼吸器ケアなどの学習が多く大変な事も多いですが、先輩・同期に支えられ日々を過ごせています。新型コロナウイルスの感染が流行し思うようにできないことが多いと思いますが、負けずに、なりたい自分への道を切り開いてください。応援しています。いつか一緒に働けることを楽しみに病院で待っています。

                               

中西ありさ(外科病棟勤務)

 就職して2年目になり、自分たちのできることや先輩より任せられることがふえてきました。その中で、自分で反省するべきことがあり,自己にてわからないことの復習を行なっています。つらいときや、苦しくなるときもあります。しかし、そういうときは先輩に相談したり、同期に相談するなど自己にてため込まないように日々頑張っています。大変だけど患者さんからお礼の言葉などをいただけるなど、うれしいこともあるのでこれからも頑張って行こうと思います。

 

村田汐李(循環器内科、内科病棟勤務)

 私は循環器内科・呼吸器内科病棟で勤務しています。初めはわからないことや、循環器病棟としてバイタルサインを測定すること・モニターで24時間心電図を観察しなければならないことの重要性もわからず、先輩看護師より指導を受けることも何度もありました。
 しかし2年目となり少しずつ自分で出来ることが増えてきたことの喜びや、患者さんからの感謝の言葉が励みとなり、また先輩方も常に私たちに目を向けて指導やアドバイスをしてくださっていることから、現在は楽しく仕事が出来ていると感じています。
 自分が看護師として大きく成長出来る病棟だと思うので、ぜひ一緒に働きましょう。

 

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP