» 病児保育室開設しま~す

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

ワークライフバランス

病児保育室開設しま~す

illust4029.png

 
 富士宮市立病院では、周辺地域唯一の総合病院として、急性期医療・高度医療を提供する質の高い中核病院としての機能を果たし、患者や看護師に選ばれる病院をめざすため、平成24年度より静岡県看護協会のワークライフバランス推進ワークショップに参加し様々な取り組みをしています。
 今回はすでに稼働している院内保育所に加え、育児支援として新たに病児保育室を平成25年4月1日から開設することになりました。
 
 看護部は小さいお子さんを院内保育所や他の保育園、幼稚園に預け勤務している職員が多くいます。
子供の突然の体調不良により、保育所からお迎えを依頼されることがあります。
家族に連絡し迎えをお願いしたり、すぐに仕事を終えられる時は良いのですがそうでない時もあります。
 
 親としても職業人としても頑張る職員の支援は、患者サービスの維持にも繋がります。
事務部と看護部では、1年かかりで病児保育室開設準備をしてきました。
 病児保育室利用については、院内保育所を利用している職員のお子さんが対象になりますが、病児保育室の開設により、子供の急な発病にも対応できる体制ができました。
 
 病児保育室は、看護部長室前の部屋をリホームし、病児保育の依頼があれば看護部付き師長と保育士さんとで対応します。3月18日には、開設にあたり利用者となる職員へ説明会が行われました。  

病児保育
 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP