» 看護部接遇委員会

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

看護部接遇委員会

看護部接遇委員長 河西啓子 

みなさん、こんにちは。
富士宮市立病院 看護部接遇委員会です。
接遇委員会では、職員の接遇マナーの推進と啓発を図るための活動をしています。
 ①挨拶・身だしなみ巡視活動 毎月1回
 ②接遇マナー研修 年2回
 ③満足度調査 毎月1回
 ④接遇広報活動 「おあしす新聞」の発刊(年2回)を実施しています。
上記以外でも、看護職員のレベルⅠ研修とレベルⅢ研修に関わっています。

今回、7月28日に第1回接遇マナー研修を開催しました。

2908setsugu2 2909setsugu1

 接遇マナー研修では、職業人として、身だしなみを整えることの大切さを教えていただきました。
 ・第一印象は、相手の視界に入ってから6~7秒で決まり、2年間潜在意識に残ると言われています。
 ・あなたの印象は病院全体の印象に、あなたのマナーは病院全体のマナーと受け取られます。
 ・身だしなみを整えることの必要性
   1.患者さん・家族の方に安心感を届け、信頼を得る 
   2.感染・リスクを予防する 
   3.個人・病院の印象につながる
 ・身だしなみのポイント
   1.清潔感
   2.機能的
   3.控えめ                   

 患者さんやご家族の方から信頼を得るためには、まず相手と良い人間関係を築くことです。好感度のポイントは第一印象です。第一印象は、表情・身だしなみ・態度などの視覚情報で決定します。おしゃれと身だしなみは違います。組織の中の一員として意識し、行動していきたいものです。   

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP