» 高校生1日ナース体験事業

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部行事

高校生1日ナース体験事業

 8月8日(木)・9日(金)の連日、公益社団法人静岡県看護協会が主催する「高校生1日ナース体験事業」を開催しました。参加者は、富士宮市・富士市に在住する高校生57名でした。開始式では、佐藤病院長、松永事務部長から超高齢者社会に向け看護職に期待されていること、石川看護部長から『看護のしごと』についてお話がありました。
 病棟でのナース体験では、看護師が患者さんにケアする場面を実際に見たり、ケアを一緒に行なったりしました。病院内の見学では、薬剤師、放射線技師、検査技師、理学療法士、作業療法士、言語療法士等のしごとを紹介して頂きました。
 一日ナース体験の振り返りでは、「患者さんと、どんな場面でもわかりやすくコミュニケーションをとっていて、すごい」「憧れの気持ちが強くなった」「看護師になりたい」「看護師のしごとを見られてよかった」「患者さんの状態を考えて準備をしている」「大変なしごとだけどやりがいがある」等々の感想がありました。担当した看護師から、「質問をして、とても積極的に体験をしていました」「私も一日ナースを体験して、看護師になろうと決めました。初心を忘れず頑張ります」「高校生のみなさんの言葉に元気をもらいました」「看護師を目指して頑張って下さい」等々の言葉がありました。
 この一日ナース体験が、看護の道に繋がるのか、他の医療職の道に繋がるのか、そう遠くない未来に共に地元富士宮の当院で仲間となれたら、担当者冥利に尽きます。

      

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP