» 2年目看護師研修 SBARカード

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護師研修

2年目看護師研修 SBARカード

 6月、2年目看護師を対象にTeam STEPPSの研修会を開催しました。研修のねらいは、「SBAR」を用いて患者の状況報告を正確に行うことが出来る事とコミュニケーションスキルを学ぶ事です。当院では、Team STEPPSを平成25年度に導入し「SBAR」「2回チャレンジ」を活用しています。「SBAR」とは、状況・背景・評価・提案を意味し、シンプルで効果的に報告が出来る事を目的としています。研修では、当院で作成した「SBARカード」を使用し、患者さんの状態報告を正確に出来るためのコミュニケーションをロールプレイで実践しました。2年目看護師は、院内Team STEPPSワーキンググループの協力により、悪い事例を見て何が問題かグループで話し合い、自分たちで考えた報告方法を、ロールプレイで実践しました。さらに、良い事例を見て、効果的な報告方法を学びました。
 また、「チームの鎖」の演習を通して、チームワークを構成する4つのコアスキル(リーダーシップ・状況モニター・相互支援・コミュニケーション)について知識を深めました。演習・ロールプレイを通しそれぞれが看護について振り返る機会となりました。

 

医療安全管理室 長谷川清香

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP