» 新採用者対象 医療安全カンファレンス

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護師研修

新採用者対象 医療安全カンファレンス

 6月7日、新採用者を対象に医療安全カンファレンスが行われ、TeamSTEPPSについて、学びました。人間の認知能力の限界、時間的・心理的プレッシャー、チームや機器、環境への不慣れなど影響のために、十分な知識や技術が備わっていても適切な対処をとれない場合があります。この様な人間の特性を踏まえ、あらゆる状況においてチーム全体で望ましい成果を得るためには、個人の限界をカバーしながらチームとして働くためのスキルが必要です。このスキルをノンテクニカルスキルと呼びます。
 4つのスキルは、リーダーシップ、状況モニター、相互支援、コミュニケーションです。
 今回の医療安全カンファレンスでは、TeamSTEPPSワーキングメンバーによるベッドサイドでの患者転倒事例のロールプレイを基に、SBARカードを使用した報告について学びました。
 ロールプレイを見学した新採用者から、病室でおきた状況を的確にとらえている、患者の観察とアセスメントが行われ、医師に必要な指示を求めている等の意見が聞かれました。
 医師への報告だけでなく、リーダーへの報告等にもSBARカードを活用し、報告する相手に確実な情報の伝達ができるよう取り組んでいきましょう。

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP