レベルⅠb研修を行いました | 富士宮市立病院 静岡県富士宮市 常勤医師・初期研修医募集中

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

レベルⅠb研修を行いました

 

 6月11日に、2年目看護職員対象に、Team STEPPSによる的確な報告を学ぶための研修を実施しました。この研修は、SBARカードを用いることで患者さんの状態や変化を的確に捉え、状況報告を正確に伝える力を向上させることが狙いです。講師は、当院自慢の石川弥生GRMでした。当院2年目の看護師25名は、演習『チームの鎖』の後、Team STEPPS WGによる2事例のロールプレイから課題をみつけ、自分たちの考えた報告方法を発表しました。研修は体験を通し楽しく学び、あっという間の半日でした。2年目看護師は、これからリーダー業務が開始となります。今回学んだことを活かし、部署で的確な報告が実践できることに期待します。

 

写真提供:医療安全管理室

 

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP