» スキルアップ研修

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護師研修

スキルアップ研修


スキルアップ研修参加者

静岡県看護協会 富士地区支部主催によるスキルアップ研修が10月30日に開催され、富士・富士宮地区の11施設25名の看護師さんたちの参加がありました。当院からは、研修担当メンバーの役員1名と研修生5名が参加しました。
スキルアップ研修は、社団法人から公益社団法人になり看護協会員以外の看護職の方にも参加して頂ける、富士・富士宮地区の看護職のスキルアップと交流を目的とした新規事業です。 講師は、静岡県看護協会の医療安全研修の講師を経験されたことのある富士宮市立病院の土橋前看護部長にお願いしました。 前部長は相変わらずパワフルで笑顔がステキでした。
看護の世界では、患者さんと対話する機会が多く、技術的な看護ケアを提供するだけでなく、患者さんのケアを行うためには、言語や非言語的コミュニケーションを使って、 患者さんとの信頼関係を築いています。
また、様々な多職種と連携を結び、 チームとして医療を提供している看護師としては、患者さんだけでなく、 同じ医療チームのメンバーともうまくコミュニケーションをとる必要があります。そこで“共に学ぼう!医療コミュニケーション”というテーマで研修をして頂きました。
講義では、エラーパターン診断テストや認知フレームの違いを体験したり、医療メディエーションについての講義を受けました。グループワークでは相手の話を否定せず聴き寄り添うことの体験と、明日からの抱負を話し合い最後に各グループの発表がありました。
この研修では、医療現場での紛争の対処法をはじめ人は誰でも無数の出会いに恵まれているのだからキラキラした世界を作ろうと声を掛け合うこと、褒める3S「すごいね!さすが!すばらしい!」を口癖にしていくこと、「い」の音で終わる言葉を使い笑顔のトレーニングをしていくこと、セルフメディエーションを意識し相手に寄り添い違いを認識することにより良いコミュニケーションとなることを学ぶことができました。
約3時間の研修でしたが研修生からは次のような感想を頂くことができました。
・仕事に対しての考え方も変えられとても興味深い研修内容でした
・明日からやってみようという事ができました、とても分かりやすく楽しく講義をして頂け人とのコミュニケーションの大切さがわかりました。
・自分を振り返ることができ自分を好きになるようにしたいと思いました。
・他の職場の人たちと話す機会が持て良かったです。
この他にも職場で活かすことができる、自分のスキルアップに繋がったなど多くの感想を頂くことができ、参加された研修生の皆さんには有意義な研修となったようです。
富士地区支部では、来年も看護職の皆さんに役立つこのような研修を継続していくようなので、是非参加してみて下さい。
 今週の我が家のセラピーペット  
我が家のセラピーペット6

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP