» 摂食・嚥下障害看護認定看護師活躍中

文字サイズ
標準
拡大
MENUメニュー

富士宮市立病院看護部ブログ

看護部紹介

摂食・嚥下障害看護認定看護師活躍中

 看護助手や介護福祉士を対象に、摂食・嚥下障害看護認定看護師の望月智子さんが、研修を担当してくれました。高齢の患者さんが増え、誤嚥性肺炎の患者さんが増加しています。看護師は、入院中に口腔ケアや誤嚥することのないように細心の注意を払って食事介助などを実施しています。患者さんによっては、看護助手さんに食事介助を手伝ってもらうこともあり、看護助手さんにも正しい知識と技術をもってほしいと思っていました。今回、認定看護師の協力を得て、「正しいとろみのつけ方」「食事介助」「口腔ケア」について学びました。お互いに患者役をやりながら、体験を通して学ぶ研修だったので、患者さんの気持ちが少し理解でき、スプーンの位置や介助者の立つ位置など具体的な理解ができたようです。これからは、自信をもって食事介助やとろみを作ることができそうです。
 摂食・嚥下障害看護認定看護師は、まだまだ少ない分野です。食べることのケアでお困りのことがあれば、相談にのります。自由に声をかけていただきたいと思います。

相談方法については、かんご相談室をご覧ください。

kensyu

IMG_2053

IMG_2049

IMG_2065

IMG_2048

 

日本医療機能評価機構 認定第JC837号

PAGE TOP